廣済寺のお知らせ

7月15日(土)  山門大施餓鬼会
午後1時より阿弥陀堂にて受付です。
午後1時半より本堂にて法話となります。
平成29年 廣済寺たよりお盆号
廣済寺たよりお盆号更新致しました。
是非お読みください。

廣済寺について

  • 宗派臨済宗建長寺派
  • 本尊釈迦牟尼如来
  • 開山椿山仙禅師
  • 開基平澤院来山正本大居士
  • 開創安土桃山時代天正15年(1587)

廣済寺を建立された開基は、平沢村名主八郎左衛門の先祖とされています。

創建当時の境内には三間四方の阿弥陀堂がありました。

文政3年(1820)の大火で山門を残しすべて焼失したものの、天保7年(1836)すぐに再建されました。

本尊釈迦牟尼如来

昭和24年(1949)羅災により再び本堂、庫裏を焼失。その後、平成6年(1994)檀信徒が力を合わせ旧姿に復しました。

以来、この地域の信心・信仰の道場として今日に至っております。

釈迦牟尼如来

八臂弁財天

阿弥陀如来

虚空蔵菩薩

文殊菩薩

聖観音菩薩

廣済寺第27世 渡邊宗禅和尚

渡邊  宗禅 和尚(わたなべ そうぜん)

  • 1962年東京生まれ
  • 1988年武蔵野美術大学大学院 日本画科終了
  • 1999年臨済宗建長寺派専門道場へ掛塔
  • 2002年静岡県南伊豆町 潮音寺住職に就任
  • 2006年第33回高等布教講習会 合格
  • 2011年東京都あきる野市 廣済寺住職に就任

現在

臨済宗連合各派布教団3等布教師

臨済宗建長寺派布教師

あきる野市人権擁護委員

廣済寺第27世 渡邊宗禅和尚

廣済寺の見どころ

本堂前庭のしだれ大桜は、4月8日の「花まつり」の頃に満開となり、参詣者の心を和ませてくれます。

境内北側の一画に弁財天湧水池があり、一年を通して水が涸れることがなく、爽やかな水音が心を清めてくれます。

山門を入り右手奥に進むと、江戸時代を代表する民政家、田中丘隅の回向墓(東京都の文化財)があります。田中丘隅は、享保の改革において江戸南町奉行大岡越前にその手腕を認められ、後に「民間省要」を著し将軍吉宗より多摩・埼玉の三万石を賜り代官に抜擢された郷土出身の偉人です。

厄除け地蔵

弁財天湧水手水鉢

お手玉石

厄除け地蔵< 弁財天湧水手水鉢 お手玉石

参道

田中丘隅の回向墓

水子・子育て地蔵

廣済寺の参道 田中丘隅の回向墓 水子・子育て地蔵